原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

コエンザイムQ10の働きの仕組み

コエンザイムQ10は補酵素として体内で重要な働きをしています。
補酵素というのは、体内で必要な化学反応に必要である酵素が「正しい働きをするように」導く役割を持っています。
動物、植物など多くに存在し、人間の体内にも多数のコエンザイムQ10が存在しています。

代表的な働きとしてはエネルギーを生み出す、そして抗酸化物質として働くというものですが、エネルギーを一番利用している心臓は、特にコエンザイムQ10が多数必要で、この物質が減少してしまうと心臓機能にも支障をきたします。
つまり、心筋の働きを助けるという働きも持っているという事になります。
不整脈や狭心症発作の回数を少なくすることができるという事もコエンザイムQ10の有用な働きです。

臓器などを正常に作動しその動きを維持するために、細胞内のミトコンドリアで私たちが必要とするエネルギーの90%以上を産生します。
この際作られるエネルビーの源、ATPを作り出すためにコエンザイムQ10が重要な働きをしているのです。

こうした働きを毎日終わることなく継続しているのがコエンザイムQ10です。
生命維持のために必要不可欠な働きをしているコエンザイムQ10は年齢と共に減少していく物質なので、心臓や肝臓などの臓器が弱くならないように、サプリメントなどを利用して補っていくことが大切です。


MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分