原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

化粧品に含まれるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には様々な働きがありますが、代表的なものはエネルギー産生の働き、さらに抗酸化物質としての働きです。
エネルギー産生がしっかり行われていると、血液の流れもよくなりますので、血栓予防、動脈硬化予防にもつながります

年齢を重ねていくと体内に活性酸素が発生しやすくなります。
老化、という事が原因ではなくても、ストレスや疲労などから活性酸素が発生するため、若い人でも体内に活性酸素が多い状態になっている人は少なくありません。
お肌も酸化し、いわゆる、「錆びたお肌」になってしまいます。
こんな時、役立つのがコエンザイムQ10の化粧品です。

コエンザイムQ10のサプリメントなどを利用し、内部からの働きかけを行うと同時に、コエンザイムQ10化粧品で外部からもしっかりケアするとお肌は格段に美しくなっていきます。
コエンザイムQ10という物質は細胞を活性化させる力を持っています。
ミトコンドリア内にもともと存在している物質ですが、加齢によって減少していくという事がわかっていますので、そこにコエンザイムQ10を取り込み、細胞を活性化させるのです。
細胞が元気になると体内の代謝もアップします。
血液の流れが良くなり内臓の機能もぐっと上がると、お肌に必要な栄養素がしっかり血液からお肌に届き、美肌!になれるのです。

コエンザイムQ10の化粧品は外部から直接肌への働きかけを行いますので、その効果が表れやすいという特徴があります。
お肌に悩みをお持ちの方は利用されてみてはいかがでしょうか。

MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分