原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

生活習慣病予防とコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は心臓の薬として発見され、開発、利用されてきたという背景があります。
その中から、血液の流れをよくする、心臓機能の働きをサポートする、エネルギー産生を行うなどの有用な働きが見えてきたわけです。

その有用な働きの中に、動脈硬化予防、コレステロール抑制などの働きがあります。
血液の中にコレステロールなど脂質が多くなると、血液の流れが悪くなります。
血液の流れが悪くなり、コレステロールが血管壁にへばりつきます。
するとだんだん血管内部が狭くなり、血栓が出来たりなどの健康被害となってしまうのです。

血管壁にコレステロールが付着することによって血管が狭くなり心臓に負担がかかり、高血圧になります。
またコレステロールが血液内に多くなるという事は、普段の食事内容が悪く、糖尿病となってしまう方も少なくありません。
糖尿病になると心臓、脳、神経という大切な部分への合併症が心配されますし、その大元となる血液の内容、流れを良くすることが必要となるのです。

コエンザイムQ10はコレステロールを抑制する効果、血液の流れを良くしてくれる効果があります。
この働き、効果は生活習慣病において予防、改善となる事です。
生活習慣病予備軍やすでに何かの症状が発症している際など、コエンザイムQ10をうまく活用していきましょう。

MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分