原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

コエンザイムQ10の1日の摂取量

人は生きていくために無意識なまま、エネルギーを利用し活動を続けています。
心臓を動かす、肺で呼吸するために、心筋や肺を意識して動かす事などできません。
こうした様々な活動にはエネルギーが必要で、そのエネルギーを作り出す大切や役割を持っているのがコエンザイムQ10です。

細胞内にはミトコンドリア膜と呼ばれる部分があり、この部分でエネルギーが生み出されています。
ここでエネルギーを生み出すサポート役となっているのがコエンザイムQ10です。
細胞をいつも元気に、活発な状態にしておくことがコエンザイムQ10の役割なのです。

現代人の生活を見てみると、プライベートであれ、ビジネスであれ、ストレスを受けやすい環境にあります。
子供ですらストレスを受けることが多いといわれる時代です。
ストレスを受けると体内には活性酸素が多くなり、これによって細胞が錆びついてしまう抗酸化作用を受けてしまうという事もわかっています。
コエンザイムQ10を効率よく吸収することによって、ストレスに負けない強い細胞に出来るというわけです。

さて、1日にどのくらいの量が必要かというと、欧米では、100mg~300mgが適量とされています。
食事からでは十分に摂取できない量なので、サプリメントなどでサポートする必要があります。
もしこの量で継続利用してみて効果を感じないという事であれば、量を少し増やしてみるといいでしょう。

MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分