原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

コエンザイムQ10の仕組みについて

食品に含まれるコエンザイムQ10は、脂溶性という形で含まれています。
また人の体内にも存在し、この物質はユビキノンと呼ばれています。
ビタミン様物質という形状なのですが、体内で合成される物質の為、ビタミンと同じような生理作用を持っていてもビタミンの定義に当てはまらないのでビタミン様物質と呼びます。

コエンザイムというのは補酵素という意味で、体内のエネルギー産生に関与する働きを持っています。
食事によって摂取されたコエンザイムQ10は、小腸で栄養素として吸収されリンパ管経由で血液に入り全身を巡ります。
この際の吸収率の悪さは、コエンザイムQ10の特徴としても知られていますが、実に60%が吸収されない状態といわれているくらいです。

心臓、肝臓、腎臓、膵臓、副腎などに多く存在し、細胞においてはミトコンドリア内膜に多く存在しています。
つまり体内エネルギーを作り出す源に多く存在するという事です。
血液中にはリポタンパク質と結合し存在しています。

体内で合成できるコエンザイムQ10ですが、年齢の減少と共に作られにくくなっていき、体内量が低下します。
すると心臓や腎臓の働きにも影響を及ぼし、細胞も活性化されにくくなるため、老化が進むなどの弊害が出てくるのです。
体内の至るところで活躍するコエンザイムQ10は、私たちの体、また生きていくという事にとってとても重要な要素を持っているのです。


MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分